ガチャガチャ最新事情

おもちゃ屋さんや、電気製品の量販店でよく見かけるガチャガチャ\カプセルトイ。中には、一般商品と同じように、お店の売り場フロアの広いコーナーに設置されているところもあります。子供と一緒に見ているうちに、一度は買ってみたことがある人も多いのはないでしょうか。小型の自動販売機に小銭を入れて、つまみ部分を回すと、機械の中に入っているうちのどれか一つ透明のカプセルに入ったおもちゃが出てくるという仕組みで、ガチャガチャと言うのはその販売機のことを言い、カプセルに入ったおもちゃをカプセルトイと呼んでいます。つまみを回すときにガチャガチャ音がするので、そこから自然発生的にガチャガチャとなったのかもしれません。

他にも、売られている地域や製造されたメーカー、その時々の時代によって、ガチャポン、ガチャなどとも呼ばれています。もともとは幼い子供やせいぜい小学生低学年向けで、以前は、アメリカで発案製造されたこの機械に球の形のガムがセットされていて、駄菓子屋やスーパーの一角に置いてありました。

そこから徐々に進化を遂げ、販売機の形はさほど変わっていませんが、機械の中に詰められている販売用のおもちゃは年々新しいものが出てきています。中にはおもちゃとは言い難い芸術作品もちらほら。最近は、その精巧な作品に魅了される大人たちも多く、いわゆる大人買いの象徴になりつつあります。ここでは、大人もハマる魅力的なガチャガチャ\カプセルトイについてご紹介します。