小さな世界の大きな夢

子供心に、駄菓子屋さんで、そのガムのキレイな色に目を引かれた経験はありませんか。そして、小銭を入れて回した後に、何が出てくるかわからないドキドキ感は、大小の違いがあるにしても、大人になった今でも変わらず感じるものです。希望の商品がうまく出てくれることを願いつつ、自分で選べない、まさに小さな運命がここにあります。運よく出てくれれば、その喜びはかなり大きく、外れてしまってもこの金額なら仕方ないかという気持ちの切り替えも軽くできそうです。

そして、カプセル自体は手のひらに入るような小さなものですが、そこに入っている商品がもたらす世界は想像すればするほど、楽しく広がっていくもの。ガチャガチャ\カプセルトイの何よりも魅力的なところは、小銭で楽しめる気軽さと思わぬ精巧な作品を発見した時の感動、そして子供のころ憧れたものがミニチュアになって手に入れられるというところでしょう。

それからさらにミニチュアから本物へと大きく夢を広げていくのもステキですね。大人になってからも大きな夢をもたらしてくれる、この小さなカプセルトイは子供のころから変わらぬ魅力でこれからもますます進化していくでしょう。さて、これからどんなものが商品化されていくのか楽しみになってきました。

小銭で買える幸せ

大人買いという言葉をご存知でしょうか。俗に、子供向けの商品を大人が一度にまとめて買うことを言います。このカプセルトイは、子供向け商品からスタートしていますが、大人も十分楽しめるものが多くあり、まさにその大人買いに適したような商品がいっぱいあります。

例えば、一つのガチャガチャの中に、浮世絵がシリーズで入っていたら、浮世絵好きな方は全作品集めたくなるでしょうし、田園風景のジオラマが一つのガチャガチャの中に、バラバラに入っていて、全部集めれば完成するとなれば、これはもう揃うまで買うしかありません。しかも一回の値段が300円前後となれば、つい気軽に買ってしまうのも納得できます。

もちろん、一回一回別の物が買えるとは限りませんので、必要以上に経費がかかる場合もあるかもしれません。少額ですが、気づいたら結構な投資をしている場合もありますので、冷静な判断も必要ですが・・・。どちらにしろ、趣味の範疇に入ってしまうと、なかなかあきらめがつかないもので、つい手が出てしまうことも多いでしょう。このお値段で、その一瞬のささやかな幸せも、他ではなかなか得られないものです。300円前後でちょっとした幸福感を味わえることはこのガチャガチャ\カプセルトイの隠れた魅力でもあります。

カプセルトイいろいろ

アメリカ製のカラフルな丸いガムからスタートしたこのガチャガチャには、今や、何百、何千種類ものカプセルトイが入っています。

その時代のヒーローたちをゴムで造ったミニサイズの人形や、消しゴムにしたものなど、時代の流行に合わせたキャラクターグッズや、漫画、アニメ、テレビドラマなどの主人公や、その他のキャラクターにちなんだ人形やグッズ、身近なペットや動物、植物などの生き物たち、建造物や生活道具など、とにかくありとあらゆるものがこの小さなカプセルの中に詰められています。観光地などでは、ご当地ストラップやピンズ、巾着など、その土地ならではの人気商品もあります。

特に、ストラップは、昨今の携帯電話やスマホの普及に後押しされた形で、キーホルダーに変わるくらいの勢いで、カプセルトイにも登場し、人気があります。初期のころに比べると全体の価格は少し上がりましたが、商品自体はむしろ精密でよりリアルに造られているものや、品質の良いものも多く、例えばガチャガチャ本体の中で一つの種を極めているものも多くあり、思わず全種類をそろえたくなるものばかりです。このように、粗末な軽い造りでなく、精巧であるところが大人たちの気をひくポイントでもあります。

ガチャガチャ最新事情

おもちゃ屋さんや、電気製品の量販店でよく見かけるガチャガチャ\カプセルトイ。中には、一般商品と同じように、お店の売り場フロアの広いコーナーに設置されているところもあります。子供と一緒に見ているうちに、一度は買ってみたことがある人も多いのはないでしょうか。小型の自動販売機に小銭を入れて、つまみ部分を回すと、機械の中に入っているうちのどれか一つ透明のカプセルに入ったおもちゃが出てくるという仕組みで、ガチャガチャと言うのはその販売機のことを言い、カプセルに入ったおもちゃをカプセルトイと呼んでいます。つまみを回すときにガチャガチャ音がするので、そこから自然発生的にガチャガチャとなったのかもしれません。

他にも、売られている地域や製造されたメーカー、その時々の時代によって、ガチャポン、ガチャなどとも呼ばれています。もともとは幼い子供やせいぜい小学生低学年向けで、以前は、アメリカで発案製造されたこの機械に球の形のガムがセットされていて、駄菓子屋やスーパーの一角に置いてありました。

そこから徐々に進化を遂げ、販売機の形はさほど変わっていませんが、機械の中に詰められている販売用のおもちゃは年々新しいものが出てきています。中にはおもちゃとは言い難い芸術作品もちらほら。最近は、その精巧な作品に魅了される大人たちも多く、いわゆる大人買いの象徴になりつつあります。ここでは、大人もハマる魅力的なガチャガチャ\カプセルトイについてご紹介します。